************************************

ご訪問ありがとうございます!

このたび、ブログの引っ越しをいたしました。

新しいブログはこちら↓
茜色 ちはやふる fun

最新記事は新ブログの方で書いています。

「ちはやふる159首」感想や「ちはやふる×ゼクシィコラボ企画」の感想も新ブログに書いています。
よろしければ遊びに来ていただけるとうれしいです。

**************************************

2014年06月16日

ちはやと覚える百人一首☆ちはやふる


ちはやふるweekのフェイスブックを見てみると・・
キャンドルで肉まんくんをかたどっていたのには、笑ってしまいました。
机くんもいけそう??



今日は久しぶりに ちはやと覚える百人一首 を読んでいます。

1月に百人一首の大会にこどもが出たのですが、会場内ではこの本を持っている人がたくさん!
そして、あちこちから「千早が・・」「太一の・・」と聞こえてきました。
ちはやふるの影響力の偉大さを知りました!!

この本、左ページにマンガのシーンがのってあって、右ページにかなちゃんの解説があります。
下段にはいまさら聞けない千早の素朴なギモンというコーナーがあって、千早とかなちゃんが会話しているような感じで、すっと頭に入ってきます。

あと、かなちゃんの古典オタクコーナーもあります。
文法や作者のちょっと踏み込んだ内容となっていて、うちの小学生にはちょっと難しいようです。
中学生、高校生にはちょうどいいかもしれません!

あと、おもしろいのが各歌にいろんな登場人物が意訳しているところ。
千早・机くん・かなちゃんが多いですが、たまに詩暢ちゃん、新が出てきて意訳してます。(笑えます・・)
なぜかうちの子は原田先生の意訳に大ウケでした。(蝉丸の歌です。)

ちはやふるにはまり始めて、コミックを読み始めて間もないころにこの本を買ったので、まだ知らないマンガのシーンもあって、やきもきしたのを思い出します。

特に「このたびは ぬさもとりあへず・・」の歌で左ページに新が「真っ赤やよ」という場面が紹介されているのですが、当時マンガの本編をまだ読んでなかったので、

「え??どういう意味で・・どういう意味で新は真っ赤やよって言ってるの??」と、気になって仕方なかったです。
気になりすぎて、本屋さんへ直行しました(笑)
(ええ・・もちろんLOVE方面で言っているのではなかったです・・。近江神宮のことだったのですね)

新に心奪われたのは、2巻の再開シーンとこの真っ赤やよの場面だったりします(^^ゞ

それにしてもこの本の表紙カバー。
めぐりあひて・・の紫式部の歌ですが、めちゃめちゃきれいです!!





Sponsored Link








posted by kurumi at 14:13| Comment(0) | ちはやと覚える百人一首 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。