************************************

ご訪問ありがとうございます!

このたび、ブログの引っ越しをいたしました。

新しいブログはこちら↓
茜色 ちはやふる fun

最新記事は新ブログの方で書いています。

「ちはやふる159首」感想や「ちはやふる×ゼクシィコラボ企画」の感想も新ブログに書いています。
よろしければ遊びに来ていただけるとうれしいです。

**************************************

2015年12月14日

ちはやふる158首 感想その1 ネタバレ注意 BELOVE最新話



千早が表紙の今号のBELOVE!
着物姿の千早が赤い和傘を持ってます!
一足早くお正月な雰囲気!!


以下、158首の感想その1です。
ネタバレにもなりますので、未読の方はご注意ください。





************************************************




始まる準決勝・・

序歌が始まる中、各校気合いのかけ声!

しかし、藤岡東はかけ声をかけれず微妙な雰囲気に・・


(タタタ・・・・・タイミングがわからんかったー・・・)

青ざめる新。

でもすぐに集中し、「ゆうされば」の札をヒョロくんから先取。

(問答無用で「ゆら」と「ゆう」渡って取った)

(最初からイメージしっかりできてんなー 取れるわけねー)


須藤さんと甘糟くんが新の様子を見て思う・・

(で「ゆう」送んだろ?そんで狙うんだろ?あのスピードで ヤダヤダ)

(かるたが好きで 楽しいって顔してさ ヤダヤダ)




一方、富士崎対瑞沢。

桜沢先生は考える・・
(うちこそ難しいわね ダブルリーダーでやってきて 余裕のあるほうがチームをまとめてきたけど
 
 実力が近い今回の対戦になっていしまった 二人とも余裕があるとはいえない)


速いヨロシコの動きに千早は驚く。

(ヨロシコ君 思ったよりずっと反応がいい いまのモメられてもおかしくないくらい僅差だった 
 
 よく見えてもいる さすが富士崎の部長)


思案する桜沢先生。

(どちらかといえが理音よりヨロシコのほうが分が悪いか・・・ 
 チームコントロールはヨロシコとサインを出す・・・?)


「理音 ごめん おれこっち 集中したい」

ヨロシコの不意の言葉に驚く理音。

(チームコントロール私? この丸い人だって気が抜けないのに 私・・・!?
 
 綾瀬さんに喰ってかかっていくっていうの?)


「ふ 富士崎序盤作るよ〜〜〜 序盤集中〜〜」

声が張れていない理音。


「おとにきくー」

ヨロシコが千早から取る。

(身体を札に覆い被せるようにする自陣の取り)

(あいつあれ うまいよな かっこよくはないけど相手は取りにくい)

富士崎OBも認めるヨロシコの取り。



(綾瀬さんは丁寧に取ろうとしている 序盤でリードできれば活路がある)


ヨロシコの真剣な表情に・・

「ナイスヨロシコ!! もう一枚ッ!!」

声を張る理音。


(試合数こなしてくるとより感じる 富士崎の選手の身体の強さ 体幹の確かさ)



(今年は迫力ある選手こそ少ないがその特徴は富士崎そのもの 桜沢先生の指導の賜物だ)
鷲尾さんも富士崎を見守る


富士崎の青島さんはまだ桜沢先生ショックを引きずっている・・

(桜沢先生 結婚ってだれと・・・ だれといつ・・・・ 新居はどこに・・・)

「私なんて このあいだまで所属かるた会咲良会で」

と、自慢げに言う田丸。

「は?だからなに?関係ないわよ」
イラつく青島さん。

(先生・・・ いまは顧問辞めなくても すこし先はわからない 相手のかるたへの理解がなかったら? 
 
 転勤があったら? 先生に赤ちゃんができたら・・・?あっそれはちょっと見てみたい)

(先生のDNAを富士崎にも残すにはどうしたらいい?)



(かるたは矛盾の競技よ どんな苦しい試合でも焦らないために いま苦しみなさい
 
 苦しい試合でこそ 真価を発揮できるように 矛盾と付き合いなさい)

落ち着いてくる富士崎。


見守り続けるかなちゃん。
(強豪校を目指してる私たちと すでに強豪である高校の強い足腰)


「落ち着いて 1枚ずついくよー」

千早の声に反応する瑞沢。

(落ち着いている綾瀬先輩の声がちゃんと届いている)


息があがっている筑波くんに気が付く菫ちゃん。

(筑波〜 なんでもう息上がってんの? しっかりしなさいよ〜〜〜 

 たしかに連戦でしかも僅差で負けることが最近多いけど)

そこで、はたと気づく・・

(そういえば 去年はちがった 負けるときは束負けだった )



富士崎を見てあらためて思うかなちゃん。
(去年 千早ちゃんと真島部長が富士崎の合宿に参加して 練習方法を知ることができたけど 全部真似しても富士崎は超えられない)


瑞沢が取る!

「よし抜いたよー 一音一音きっちり反応していくよー」

千早が呼びかける。


(去年のような勢いに乗ろうとするかるたじゃない 経験のある指導者もないのに こんな冷静な試合を)
桜沢先生も感心する・・。


***

ある日の瑞沢・・

(感想戦?−?)

「まえ 真島も言ってたんだけど ぼくも小さいころ将棋してたから思うんだ かるたやる人って感想戦しないよなーって 
 
 ぼくらはちゃんと反省できてるだろうか?」

痛いところを机くんにつかれて、ギクーッとなる肉まんくんと筑波くん。

「やろうよ」

東京都予選を終えてから一カ月は試合を終えるたびに感想戦をしていた瑞沢。

筑波くんは千早に「あ」札のお手つきが多いことを指摘されていた。

「あ札のときはとびださない「あ」の次の半音で飛び出せってよく言われてた」


千早の後ろには原田先生が見える筑波くん。

「できる!! 感じは天性だが聞き分けは訓練だ!!」


***


「あしびきの」

(1.5音で聴いて2音で加速!!)


取る筑波くん!


(感想戦をしてて いちばんわかるのは 自分のクセ 考え方 迷い方 臆病さ 努力不足からくるズルさー
 
 弟たちに嘘のメールをしなくなった 綾瀬先輩が目標を言うたびにドンドン来るプレッシャー 嘘ついてる暇なんてない 
 
 叶えるのはおれだ)

「す」の札を取られる筑波くん。

(1・5音を聴こうとすると一字決まりは狙えない)


(でも 一字決まりは7枚 「あ」札は16枚)

(かっこよく 思われたい 嘘ついてる暇なんてない)


真剣な表情の筑波くんを見て菫ちゃんは思う・・
(去年まで負けるときは束負けだった 数字より先に心が負けてた筑波が)


(本物になりたい)



田丸の会心の取り!!


「田丸さんいいねー! 」

「ナイスキープ」

机くんと肉まんくんが声をかける。


「このくらいの褒め言葉嘘でも言える」がまだ心に引っかかっている田丸は複雑な顔。


(先輩たちすごいな 私はとてもほかの人の試合展開まで気にしてられない すごいな)



「つ つ 次も取ります れれ 連取 いきます」


(田丸さんが声出したぁ 初めて!?)


驚く瑞沢メンバー。


「いーね いーね どんどんいくよー 瑞沢ファイトー 」
机くんもうれしそう!!

「のの 乗っていきます」



(だれかを疑うなら 自分を信じられないなら かけ声を自分に がんばれ がんばれ)

(なりたい なりたい 本物になりたい)




************************************

ここで次号へ続く。

うーん、どちらが勝つかまだまだ見えないですね!!

筑波くん、田丸がいい感じになってきました!!

がんばれ!!


Sponsored Link












posted by kurumi at 14:43| Comment(2) | ちはやふる 最新話感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
多分2回目です!

筑波君と田丸さんの描写がすっごく良かったです!
ちはやふるらしくなってきましたね。
団体戦が始まってから、最初の頃のちはやふるの面白さが戻ってきたように思い、嬉しいです。
Posted by もも at 2015年12月14日 22:05
もも様

準決勝は試合前と試合が始まってからが丁寧に描かれていて、うれしいですね!
団体戦、やっぱり読んでいて面白いです。

筑波くんの描写は待ちに待っていました!
千早たちが引退した後、瑞沢を引っ張っていくのは筑波くんだと思うので、筑波くんの成長をずっと見たかったのです!!
だから、今号はすごくうれしかったです♪

どちらが勝つのか・・勝敗が決定するまでそわそわしてしまいます。
Posted by くるみ at 2015年12月15日 06:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。