************************************

ご訪問ありがとうございます!

このたび、ブログの引っ越しをいたしました。

新しいブログはこちら↓
茜色 ちはやふる fun

最新記事は新ブログの方で書いています。

「ちはやふる159首」感想や「ちはやふる×ゼクシィコラボ企画」の感想も新ブログに書いています。
よろしければ遊びに来ていただけるとうれしいです。

**************************************

2015年04月19日

ちはやふる145首 感想その2 ネタバレ注意

145首簡単な感想です。
以下、未読の方、内容を知りたくない方はご注意ください。
**********************************
千早が少しずつ復活してきている!のがうれしかった145首♪
強欲が復活しているのがうれしい!!

それにしても、田丸のウザさがまた印象的でした。
菫ちゃんの言うように、一度千早に田丸の鼻っ柱を折ってほしいところですが・・

田丸の過去が明らかになって、なるほどなぁ。。と納得してしまいました。

褒められることへの飢え。

褒められたい褒められたい・・そんな感情がずっと渦巻いている田丸。
ウザキャラとして登場していますが、少しかわいそうな気もします。

そして、ヒョロくん!
何だか、男を上げている気がします!
太一がいないことに、少し寂しさ、悔しさをにじませながらも強がっているヒョロくん。
素敵だなぁと思いました。

机くんとかなちゃんも何だか今までとは違った雰囲気になってるし・・!
(千早が机くんとかなちゃんの雰囲気にちょっと感づいているのにもびっくり。)

千早が試合で活躍する姿を見たい!!
のに・・、なぜ肉まんくん・・。
どうして、田丸を出すのさぁ・・という気持ちでいっぱいになる終わり方でした・・。

今回は太一も新もまったく出ていなかったのがさみしい・・。
(太一は回想で出ていましたが・・)
でも、今号のBELOVEの表紙が千早・太一・新だったので、うれしかった!
3人でほのぼの、いいイラスト〜〜!
146首本編は太一も新も出てほしいなぁ・・


Sponsored Link







posted by kurumi at 10:36| Comment(0) | ちはやふる 最新話感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月14日

ちはやふる145首 感想その1 ネタバレ注意 BELOVE最新話

ちはやふる145首!

ちはやふる実写映画化!!の興奮が冷めやらぬ中、いつものスーパーへ。

しかし・・

ない。

いつもはあるのに!

まだ時間が早いから?
並べてないのかな??

午後からも行ってみましたが、ない。

明日になったらあるのかもしれない。

でも・・でも・・!

今日読みたい!!!!!!!

・・と言うわけで、隣町の本屋さんまで行って買ってきました。。(おいおい・・)


以下、未読の方、内容を知りたくない方はご注意ください。



**********************************************
最後の1年をみんなと戦いたい

そんな思いを胸に、座っている千早でしたが、前に座っている田丸からは鋭い目つきでにらまれているのに気が付きます。

北央、ヒョロくんは「真島はどーしたっ」と千早に詰め寄ります。

今日は来てないとの千早の返答に「逃げたなアイツ」とヒョロくん。

今年の北央は1年生にA級が3人!

すごい・・と驚く千早にもう一度ヒョロくんは聞きます。

「ほんとにあいつ 来ないのか? かるた部辞めたのか?」

うつむく千早。

それを見てヒョロくんは「根性ねえやつだ」とその場を跡にします。

千早が来てくれたことに喜ぶ菫ちゃん。
いまからでもスタメンに・・と筑波くんと菫ちゃんはかなちゃんに提案しますが・・

「千早ちゃんの出場は考えてません」

・・と、ピシャリとはねのける、かなちゃん。

みんなで集まり、「みんなきっちり勝ち切ってくださいね」とかなちゃんがゲキをとばします。
そして机くんの背中に手をかけていることにはっと気づき、

「ご ごめんなさい 机くん」と赤くなるかなちゃん。
頬を赤らめる机くん。

何だか前のかるた部の雰囲気と違うことに気が付く千早。

そして、東京都予選の新ルールにも動揺を隠せない千早。
読み手は一気の早読み 空札なし 暗記時間なし 払い手なし 押さえ手のみ
団体戦の形式では戦わず 各校5名のレギュラーがバラバラに対戦し、勝ち星の合計の多かった上位4校が二次予選に進出できる

この新ルールに対処し北央、朋鳴も視野に入れて練習に取り入れていたもよう。


瑞沢で最初に勝ち星をあげたのは田丸。

(綾瀬先輩より 私のほうが期待されてる 私がエース!!)

鼻高々の田丸。
田丸のウザさに菫ちゃんもヤキモキ・・

そんな田丸に声をかけたのは北央の男子、太田。
中学まで田丸と同じかるた会だったようで・・


「なんか田丸らしいよな そこそこ強くて 選手層の薄い高校狙うの」

「へー レギュラー? よかったじゃん 認めてもらえて」

太田との再会にこれまでと様子が違う田丸・・

午前中の4試合で瑞沢は3位。
1位 北央
2位 西校
3位 朋鳴 瑞沢 (同数)

千早を出そう!と菫ちゃんが提案するも、
「大丈夫だよ 田丸はちゃんと勝ってるし」と、肉まんくん。

それを耳にした田丸はすかさず・・
「でも私 なんか調子悪いんですよ〜 なんか音がとらえにくいっていいうか」
「試合数も多いし 午後自信ない 迷惑かけちゃわないか心配で」

そんな田丸にしびれを切らしたかのような橋立くん。
「正直言って 疲れる」

「そう言うように誘導されたセリフ言わされるのって めっちゃ疲れる」

「言いたいこと言っていいんだよ」と橋立くんが原さんに言うと・・

「こう言ってればいーんでしょっていうのがわかりやすいの 楽な部分もあるし」
ついつい出てしまった原さんの本音・・


***
午後の対戦のため、試合の準備を手伝う千早。

千早を温存なんて瑞沢は余裕だなと坪口さん。
(まつげくん どーした? 千早ちゃんにふられたか?)と、薄々気づいている坪口さん。

千早は田丸にがんばってと声をかけるも・・・

「言われなくてもがんばってます」

と、ぶっきらぼうに言われてしまう千早。


そして、田丸の対戦相手はかるた会で一緒だった太田。
田丸の顔には緊張が走ります。

一方、肉まんくんのお姉ちゃんは弟に厳しく言葉をかけます・・
「かるたがコンパクトになりすぎてんじゃないの? 迫力がなくなっている」
「あの1年生のせいだか知らないけど 高校最後の夏がそれでいいの?」


試合が始まり・・
太田に劣勢の田丸。


ここで、田丸の過去が明らかにされます。
親も兄もかるた選手だったから気づいたらかるたが生活の中にあり、流されるように始めたかるた。
小学校での散らし取りですごいとみんなに褒められ、うれしかった過去。

だけど、田丸の所属する埼玉咲良会の先生は厳しく、褒めてくれず、兄も褒めてくれず

(だれも褒めてくれないから 自分でそう仕向けるしかなかった)
(うまくいかないのがわかってても 褒められたいと思う欲が止められない)
(強くなれば 褒めてもらえるの? B級になれば A級になれば 1年生でエースになれば)


際どい取りの場面。
どちらの取りか もめる田丸と太田。

「セイムは自陣の取り 6枚差もついてんのに食い下がんなよ」

「田丸 お前 かるた負けたらホント褒めるとこねーな」

太田の言葉が田丸の心に突き刺さります・・


試合終了ご・・
瑞沢5位。

「ああやっぱり私 今日調子悪い」
「綾瀬先輩いるし 無理することないのかも 先輩よろしくお願いしますー♡」

作ったような笑顔で千早を見る田丸。

「いいの?私・・・」と、千早。

(一度出たら 二度と降りないけど)

強欲が現れたものすごい形相の千早にひくかるた部・・

「いや 最終戦も 田丸でいく!」
そう言ったのは肉まんくんで・・


*****************************
ここで次回に続く・・・

次回は・・お休みです・・
残念!!
一回お休みで、次は11号ですね!

千早がだいぶん戻ってきた感じがした回でした。
そして、この東京都予選は田丸が中心のお話となりそうですね!

また、感想その2を書きます!!



Sponsored Link








posted by kurumi at 18:51| Comment(0) | ちはやふる 最新話感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月13日

ちはやふる27巻!そして、ちはやふる実写映画化!!!!!!!!

ちはやふる27巻!
いま、手元に届きました!


まず・・
帯を見て・・
ぶっ飛びました・・・!!!

「ちはやふる実写映画化!」

BELOVEが重大発表としていたのは
これのことだったのか〜〜〜〜!!!!!!!!!!

完全にアニメ3期??と思っていたので、映画化には驚きました!

キャストが気になります・・!
BELOVE最新号で分かるのかなぁ・・??

あぁ。でもアニメ3期も見たかった・・!


27巻は春色千早♪



以下は簡単な27巻の感想なので、未読の方はご注意ください。


*******

太一の告白後のお話で、千早が落ち込んでいく27巻・・

そして、新がかるた部創部へ向けて始動。
太一は周防さんと・・?

27巻の最後には新からのメールで千早に光が差し込んできます・・

あらためてざっと通して読むと、高校生活最後のかるた部の物語が始まる巻ですね・・!


そして、おまけマンガはまたもや菫ちゃんと葵くん。

双子だけど、性格が全然違う・・

葵くんがかなりのいい子です。
意外にモテることも判明。
いじめられていた時もあったそうですが、善行の数々でいじめを撲滅。
(しかも、いじめに加担していたのは菫ちゃん・・お母さんに怒られてます)

「菫は菫の哲学に近づいていると思う」と言う葵くんってスゴイ・・

根底はすごくいい子なんだよなぁと菫ちゃんのことを再認識したおまけマンガでした。


**
とにもかくにも、次のBELOVEが気になります!!
映画化情報、詳しくのってるかなぁ・・!!

15日発売!だからもうすぐ!
わぁ〜〜
気になってしょうがない!


Sponsored Link







posted by kurumi at 15:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。